私達、武蔵野フーズは『社会に貢献できるこの業界』だからこそ熱意を届け、健康食を啓蒙していきます。

ホーム > 会社案内 / 配送拠点
会社概要 / 配送拠点
  • ごあいさつ
  • 会社概要
  • 工場案内
  • 配送拠点

ごあいさつ

株式会社武蔵野フーズは「より健康に、より美味しく、より安心できる商品をお届けする」ことをモットーに致しております。弊社の事業のうち、健康宅配事業部は、唯一、商品を消費者の方々に直接販売し、自前の宅配網を持つ事業部です。

 年々生活習慣病が増加する中、糖尿病や腎臓病の患者様に向けて、治療食を製造し、ご自宅までお届けするというサービスを平成9年より行って参りました。 これまでに病院管理栄養士の先生や医療従事者の方々にご教授頂きました内容をよく吟味し、長年培ったノウハウに、更に新しい技術を付け加え、平成23年7月は「たんぱく30」を発売、平成25年1月には冷蔵の「やわらか食」、そして同年9月には冷凍の「やわらか食」を新発売し、新しいご要望にも応えられる事業と商品構成を築くことが出来ました。

増加する生活習慣病予防や治療食を通じて、社会的使命を果たし、美味しさと健康と技術にこだわって、商品開発と事業展開を行って参ります。 皆様には今後ともご支援賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長 安田信行

ページTOPへ戻る

会社概要

名称 株式会社武蔵野フーズ
創業 昭和44年11月
設立 昭和52年9月
資本金 3,600万円
本社所在地 〒351-0034 埼玉県朝霞市西原1-1-1 TEL:048-470-2800
健康宅配本部 〒351-0033 埼玉県朝霞市浜崎3-17-9 武蔵野グループR&Dセンター 3F
株式会社武蔵野フーズ 健康宅配事業部 TEL:048-470-1177
ページTOPへ戻る

工場案内 ■生産管理 HACCP監視方式を導入しすべての生産工程を科学的に管理しています。■HACCPのご説明 HA(hazard analysis:食品の危害分析)とCCP(critical control point:重要管理点)組み合わせた方式です。

この方法は、米国航空宇宙局(NASA)において開発されたもので、その後全世界に拡まりつつあります。 食品の原材料から始まり、調理・加工・保管・流通の作業工程別に、お客様の手に渡るまでさまざまな危害について調査し、その危害の防除と監視を行うことで食品の安全性・健全性・質を確保する画期的な衛生管理システムです。

ソックフィルターシステムによる衛生管理

工場内は筒状の特殊な布製のフィルター(ソックフィルター)により室内の気流を均一にし自然に近いクリーンな環境を実現しました。

クックチル方式の採用

安心して美味しくお召し上がり頂けるよう、チルド方式を採用しております。 雑菌の増殖を抑え、保全性が高まる為、食品添加物を使わずに済みます。 低温物流でお届けしますので保管・輸送中の変質の心配がありません。

ページTOPへ戻る

配送拠点

  • ■東京営業所
    練馬区谷原6-20-35
    ■城南営業所
    大田区下丸子2-22-3
    ■城北営業所
    板橋区舟渡2-19-6
    ■江戸川営業所
    江戸川区松江5-8-7
  • ■調布営業所
    調布市佐須町3-35-16
    ■横浜営業所
    横浜市港北区新羽町1975
    ■戸塚営業所
    横浜市戸塚区上矢部町2916-1
    ■座間営業所
    神奈川県海老名市下今泉1-19-17
  • ■埼玉営業所
    埼玉県さいたま市岩槻区岩槻507-3
    ■埼玉配送センター
    埼玉県入間郡三芳町上富167
    (株)武蔵野ロジスティクス内
ページTOPへ戻る